郊外歩行訓練報告(平成30年9月13日)

中途視覚障害者生活訓練事業の平成30年度の郊外歩行訓練は、初秋の軽井沢でした。福祉バスの補助席も全部使って、48名が参加をした今回の行き先は、会員の皆さんにとってとても魅力のある場所でした。星野リゾート・ハルニレテラスは、雑木林を縫うように流れる湯川のほとりに、カフェテラスやパン工房が軒を連ねていて、若いカップルや外国からの観光客で賑わっていました。

ハルニレテラスから湯川沿いに静かな佇まいの遊歩道を北に辿ると、左手に詩人北原白秋の詩碑「落葉松」を見ることができます。『からまつの林を過ぎて、からまつをしみじみと見き。からまつはさびしかりけり。たびゆくはさびしかりけり。・・・世の中よ、あはれなりけり。常なれどうれしかりけり。山川に山がはの音、からまつにからまつのかぜ。』

湯川のせせらぎの音を聴きながら、遠い昔にこの地を旅した詩人に想いを馳せるとき、ああ、ここに来てよかった、と感じたところでありました。

(事務局 深代)

Follow me!