エスコートゾーン整備希望地について

 エスコートゾーンにつきましては、群馬県障害政策課が中心となり、群視協をはじめ関係団体等が協力して必要箇所を把握し、その結果に基づき計画的に整備が進んでいるところです。
 今般、群馬県障害政策課から、令和3年度以降のエスコートゾーンの整備について検討するため、群視協をはじめ関係団体等に対して、整備希望地について照会がありました。
 つきましては、整備を希望する横断歩道がありましたら、下記によりお知らせくださいますようお願いいたします。

1 回答期限  令和2年1月17日(金)

2 回答に当たっての注意事項
 ・ 単独で移動する視覚障害者(エスコートゾ-ンが必要な人)の実際の移動状況に基づいて御回答ください。
 ・ 横断する道路の前後の歩道に点字ブロックがある横断歩道のみが調査の対象となります。

3 回答いただきたい内容
 ・単独で移動する場合のルート(どこからどこまでの移動か)及び移動手段
 ・エスコートゾーンが必要な横断歩道の所在地
 ・エスコートゾーンが必要な横断歩道がある交差点の名称
 ・交差点中のどの横断歩道にエスコートゾーンが必要か。
 ・エスコートゾーンが必要な横断歩道を利用する視覚障害者(単独歩行者)の概数
 ・エスコートゾーンの必要性等(当該横断歩道の状況、当該横断歩道を利用する目的等)

4 回答方法
(1)支部会員の方は、支部長に御連絡をお願いいたします。
(2)個人会員の方は、直接群視協事務局へ御回答ください。
(3)支部長の方は、各支部会員の回答、支部の状況をお取りまとめの上、群視協事務局へ御回答ください。

5 その他
  本調査につきましては、群馬県障害政策課から、前橋市視覚障 害者福祉協会、高崎市視覚障害者福祉協会、太田市視覚障害者福 祉協会、富岡市視覚障害者福祉協会、みなかみ町社会福祉協議会 及び県立盲学校に対しても調査依頼されていますので、参考までに申し添えます。

Follow me!